結婚式、二次会の招待状に必要なもの

結婚式というのは、人生の中でも非常に重要なイベントのひとつともいえます。家族、親戚、友達、上司や部下など様々な人たちから祝福され、新しい家族を築いていくということを周りに示すという意味合いもあります。だから結婚式というのは、本人たちだけでなく周りの人たちにとっても大切なものなのです。結婚式に来てもらうにはまず招待状を出さなければいけません。招待状を送る際には、寿切手で送ります。招待状には、誰が結婚をするのかのお知らせ、返信用ハガキ、時間案内、会場詳細など結婚式当日のことをできるだけわかりやすく相手に伝える必要があります。もし、会場の受付や余興をお願いする場合には一言メッセージをそえて一緒に封筒に入れておくと相手も助かります。このように招待状には、当日の流れを相手に知らせる重要な資料なので丁寧に送ることが大切です。

そのほかにも決めなければいけないことはたくさんあります。その日に着る衣装、髪型、席次、料理、引き出物、会場の照明、様々な小物などです。ここからは、値段との相談になるので少し時間がかかることが多いです。だから式のあとに通常行われる二次会まで手がまわらなくなることがあります。その時にすごく便利なのが二次会の代行です。二次会で使用する会場、料理、名簿、景品、お知らせメールの作成などすべて会社が行ってくれます。こちらの意見をふんだんに取り入れてくれるのですごく満足のいくものになります。新郎や新婦の友達に頼むことが多いと聞きますが、その友達にすごく負担になります。そして、お金がからむことなのでトラブルのもとになることもあります。二次会の代行を頼むとそのようなトラブルがなくなるので、終わったあとも気分が良いです。代行の費用もそれほど高くないので非常にお願いしやすいです。最近では、結婚式、二次会の写真だけでなく、映像にして残してくれるものもあります。何年かたって見直すとすごく懐かしく感じます。写真だけでは、残せない思い出もしっかりと保存ができるので大事なイベントには最適です。このように結婚式、二次会は決めることがたくさんあり、すごく大変ですがこんなに大きなイベントはなかなかないので楽しんで計画することが大切です。

夫婦として一緒に計画する最初の仕事の人が多いので夫婦の絆を確かめるのも良いです。おめでたい日なのでみんなが楽しく、笑顔で終えることができる会になるように計画してみるとより良いです。

コメントを残す

*