結婚式での招待状にみる席順の悩み

結婚式を挙げる、あるいは結婚披露宴を開催することが決まった場合、準備を進めていくうちに困ってくるのは、席順でしょう。結婚式に誰を招待するか決まったら、招待状を作成し、直接渡したり郵送したりします。結婚式の招待状を作っている時点では、案外結婚式の席順のことまで考えていなかったりします。そもそも、会社の上司や先輩を招待する場合には、招待状を渡すタイミングや順番でも悩むこともあります。招待状を作る段階では、当然ですが招待客は決まっているわけです。しかし、席順はまだまだです。招待状がすべて「出席」で戻ってきてから、結婚式当日の席順を決め始める、ということも多いかもしれません。席順を決めるのは、まずはどのテーブルにだれに座ってもらうか、ということを考えることから始まります。会社関係のテーブルや友人のテーブル、親族のテーブルなど、おおまかには簡単に決まりすが、人数の調整などもあり、なかなか難しい作業となるでしょう。

会社関係者のテーブルでは、席の順番にもかなり苦労することとなるでしょう。同じ役職レベルの人が一人ずつであれば、それほど難しくもないでしょう。例えば、部長、課長、係長といった役職順に席を決めていけば、おのずとテーブルの席順は決まります。しかし、同じ役職の人が複数いたりする場合には、どちらの人の席を上席者の位置にするかは、なかなか考え物です。このように、会社関係者のテーブル一つ決めるにも、かなりの苦労があります。一方、友人テーブルは、上下関係はあまり気にしなくてもいいかもしれませんが、今度は誰と誰を隣同志にするか、という問題があるかもしれません。仲の良し悪しを考える必要があります。結婚式に来てくれた友人たちが、当日渡される席次表を見て、この人の横は嫌だな、などと思っては、せっかくの披露宴の盛り上がりに悪影響があるかもしれません。友人テーブルについては、招待状を送る前に、それとなく誰と同じテーブルで、誰と隣の席になるかを伝えておくか、希望を聞いておくのもいいかもしれません。親族のテーブルも考えなくてはなりません。このテーブルは、双方の親の意見を取り入れる必要が出てきます。親戚が多い場合には、テーブルも複数となりますが、一般的には年齢順に夫婦を順番にして、席を決めていくこととなるでしょう。

結婚式の主役は自分たちであるとはいえ、やはり当日出席してくれる人たちにもある程度満足してもらう必要があります。せっかくご祝儀も持ってきてくれるわけですから、気分よく一日を過ごして欲しいものです。また、これからの長い人生で仕事や親戚付き合いなど、夫婦の生活に大きな影響を及ぼすこととなる場合のあります。席順には、さまざまな思いが込められているのです。

コメントを残す

*