結婚式の招待状について

結婚式を挙げる際に必要となる、招待状について簡単に説明させていただきます。結婚式を挙げようと考えた時、まず始めなくてはならないことは、式場選びからです。式場によって、教会や披露宴会場などの雰囲気などが全く違います。また、使用できる設備や、オプションの内容なども違うことから、どのような挙式を迎えたいのかを、多少なりとも想像した上で式場を見て回るとイメージがしやすいと言えます。式場を選ぶ際は、料理やデザートの試食会や、演出などの体験をしてみることがお勧めできます。また、実際に見学に行った会場で、同じ条件での見積もりを出してもらうことも必要です。式場が決定したら、式場の担当者と結婚式に向けて打合せを進めていくことになります。あとは打合せをしながら、必要なものを揃えたり、決めたりしていくだけです。なお、結婚式を挙げるためには、多くのお金が必要となります。

ある程度は祝儀で補えますが、全てを祝儀に頼るのではなく、費用を抑えたり、貯金をしておいて式の費用に使うことが必要です。費用を少しでも抑えるためにお勧めの方法としては、可能な限り手作りできるところは手作りをするということです。例えば手作りの代表的なものに挙げられるのが招待状です。招待状は、式場に依頼すると比較的高い金額が掛かってしまいます。その分式場の名前などが綺麗に入っているなど、見栄えは素晴らしいものですが、招待する人数が多ければ多いほど、金額が比例して大きくなっていくものです。しかし、招待状は文房具屋や、インターネットのオークションなどでも必要となる便箋などを安く仕入れることができます。あとは、パソコンを用いるなどして、綺麗な書面を作成し印刷するだけで用意することができます。人数によっては数万円掛かってしまうのが招待状ですが、手作りにすれば、その数万円が数千円に抑えることも可能です。手作りが可能な式場であれば、出来る限り手作りを取り入れてみるといいと言えます。なお、招待状には記載しなければならない必要事項などがあります。どのような内容が必要なのかは、式場の担当者に聞いて確認することもできるので、不備のないように作成することが必要です。

また、字の間違いはもとより、発送しなくてはならない期限を過ぎないようにするなどの注意も必要です。挙式日の1ヶ月より前に発送することがあるため、手作りにした場合は準備を確実に進めておくことが重要です。

コメントを残す

*